jQueryで属性値の取得、設定

2019年3月4日

スポンサーリンク

概要

 jQueryを使用したhtmlタグ内の属性値の取得と変更について覚書。html要素や文章の挿入にはhtml()やtext()、inputタグ等のvalueにはval()を使いますが、任意の属性値を取得設定する方法があります。使い所としては、何かの条件時に画像を差し替えるため、imgタグ内のsrcを変更する使い方も可能です。

使い方

 まずは取得から。selectorは任意のセレクタを入れている想定です。

セレクタで指定した情報のscr要素を取得します。

次に設定。

‘新しいsrc’の部分に書き換えたい文字列を入れることで、対象の要素に値を設定できます。

まとめ

 属性値の設定は、使わないでいると忘れがちなので積極的に使用したいですね。

スポンサーリンク